大阪トヨタグループ企業年金基金

企業年金は、従業員が企業を退職した際に退職金の一部を一定の利率を付与して年金として支給する
しくみです。
“大阪トヨタグループ企業年金基金”はグループ企業(大阪トヨタ自動車、大阪トヨタLOGI&B-TEC、大阪トヨタ商事、オーティー情報システム)で働く従業員の退職金の一部をお預かりして、退職後(60歳以降)に年金という形で受けとることができるように、公的年金の給付とともに老後のライフスタイル・福祉の向上に寄与することを目的としております。

お知らせ・新着情報

一覧を見る
ページのトップへページのトップへ