HOME > 掛金と給付 > 掛金と給付額の関係

掛金と給付額の関係

  • 掛金と利息を個人ごとに毎月積み立て、退職時まで積み立てた額(積立総額)を支給する制度です。
  • 有期年金ですが、受給開始後も受給終了までは利息が付きます。
  • 3年以上加入で一時金が、10年以上加入かつ50歳以上で退職するとすぐに年金を受けることができます。

①他制度受入   ②掛金額   ③利 息   ④積立総額
他制度からの
個人毎の受入額
掛金額=
厚生年金標準報酬月額
×掛金率(持分付与率:1%)
積立総額および
掛金額に利息
(年率2.5%)を付利
(仮想個人勘定残高)

※他制度受入金
解散した厚生年金基金(関東百貨店小売業厚生年金基金を含みます)の分配金、確定給付企業年金および確定拠出年金等に企業が積立ていた資産を小売・サービス業企業年金基金制度に持込んだ場合は過去期間(みなし期間)として年金・一時金の支給に反映されます。(なお移受換をするには規約の変更が必要となる場合があります。)

ページのトップへページのトップへ