HOME > 基金の概要

基金の概要

基金の概要

(2020年3月末現在)
基金名称 武蔵野銀行企業年金基金
設立年月日 2004年3月31日
実施事業所数 10事業所
加入者数(1,982人) 第1加入者(1,654人)
  • 武蔵野銀行の正行員のうち、平成28年1月1日時点(注)で50歳未満であった者
  • 武蔵野銀行の新入行員
  • 給付金は「退職給与金規程」に定める資格ポイント及び勤続ポイントを合算した合計ポイントに基づき算定
  • 「確定給付企業年金(DB)」及び「確定拠出企業年金(DC)」に加入
第2加入者(328人)
  • 武蔵野銀行の正行員のうち、平成28年1月1日時点で50歳以上であった者
  • 武蔵野銀行の専任行員
  • 当基金の実施事業所に該当する武蔵野銀行の関係会社の正社員
  • 給付金は「退職給与金規程」に定める退職金算定基礎給に基づき算定
  • 「確定給付企業年金(DB)」のみ加入
受給者数 1,082人

(注) 退職給付制度改正の実施日


組織図

代議員会 基金の規約変更、予算、事業計画、決算などの議決機関。
事業主側の代表の「選定代議員」と加入者側の代表の「互選代議員」で構成されています。
理事会 基金の基本的業務についての意思決定を行う機関。
「選定代議員」と「互選代議員」の中から選ばれた「選定理事」と「互選理事」で構成されています。
監事 基金の監査を行う機関。
「選定代議員」と「互選代議員」の中から選ばれた「選定監事」と「互選監事」で構成されています。
資産運用委員会 資産運用の諸問題に関する諮問機関。
事業主の財務、労務、運用部門から理事長により選任された「委員」で構成されています。
ページのトップへページのトップへ